2013年06月17日

英語ぺらぺら君と英会話 勉強法 口コミ

ichi01.jpg

英語を話せる人を妬ましく思ってしまい、そのたびに自己嫌悪に陥って、英語の苦手意識ばかりがどんどん強くなっていたとしても、
頭の中のモヤモヤがサーッと一掃されるように英語のコツが身に付き始め、英会話ができる人として周囲から尊敬の目で見られるようになる方法がこちら




あなたも、↓のような悩みがあるんじゃないでしょうか??

depression1.jpg

■「いつまで頑張れば英語が話せるようになるんだろう・・・」と途方に暮れている

■TOEICの点数をあげたいがやり方が見当もつかない

■英語には苦しまされてきた思いしかない

英語がどれだけ難しいのかいまだによくわからない



英会話を手軽に学ぶ方法として石川遼君のCMで有名なスピードラーニングなどのリスニング教材を使うという手段もありますが、

この方法は、いくら聞き流しても、英語の音が頭に入ってくることがなく、ドンドン耳から流れ落ちていくばかりになる人がほとんどです。


ちょっと考えればわかることですが、たとえば、アラビア語やトルコ語など、今までほとんど聞いたこともない言葉を、

耳で聞くだけで覚えられる方が不自然だと思いませんか??


英語に限らずどんな言語にしても、耳で発音を聞くことはもちろん大切なことですが、それだけでは不十分で、

自分で実際に口を動かしてみて、話してみる訓練も絶対に必要になります。


ichi02.jpg

石井あきらの英語ぺらぺら君とは、何度も繰り返して質問されることに次々と答えていくことで、

リスニング能力とスピーキング能力の2つを同時にアップさせていくことが出来ます。


アメリカの歴代大統領の通訳を務めた小谷啓さんが監修を務め、

実際に、英語ぺらぺら君を手にした1000人以上が次々と英語習得に成功しています。


ちなみに、開発者の石井あきらさんとは今でこそTOEICで900点近くのスコアを獲得するほどの英語力を身に着け、

国際結婚を果たすほどなのですが、以前はというと、英語が全く話せずに大変な苦労をした経験をしています。


様々な方法で英会話習得にチャレンジしてみたものの、何をやっても失敗を繰り返すばかりで、ある時期にはとうとう、

対人恐怖症になるほど英語が出来ずに苦しみ続けました。


しかし、英語ぺらぺら君のベースとなっている「質問に答える」というクエッショニングという方法を取り入れたところ、

めきめきと英会話力を伸ばしていくことに成功。


結果として30日も続けた後には、今まで出来なかったのがうそみたいに英語が口からスムーズに飛び出すようになっています。


1日30分足らずのレッスンでも英語がどんどん話せるようになる英語ぺらぺら君の石井あきらさんの大変なエピソードはこちらでも詳しく紹介をしています。

ichi04.jpg

posted by 英語ぺらぺら君 at 05:55| 英会話 勉強法 口コミ | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。